2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ-

アセンション、NESARA、DNA活性化、5次元、高次元、次元上昇、プレアデス、スターシード、インディゴ、ツインレイ、パラレルワールド、イルミナティ、Vortex、波動、瞑想、浄化、断食、菜食

コンテイジョンで下地作り!?

2012.7.7 Sat 8:40

2011年に観に行った映画で、英語で観たので大まかなあらすじしか分からなかったのですが、まさに、彼ら闇勢力(イルミナティ)が、人々をマインドコントロールするために製作したか、途中でそういう風に内容を書き換えたのでは?と疑ってしまう内容でした。

闇勢力なんて興味ないし、なにも知らなかったら、まんまと内容を鵜呑みしてしまっていたのでしょうが、これは、まさに2013年、2016年にブラジルで開催されるワールドカップとオリンピックで新種のウイルスがばら撒かれるのではないか?という噂を上手く利用して、疑われている自分たちから、他へ上手く責任転嫁して、疑いの目を逸らせようという計画も含んでいるのでは?とちょっと思いました。


More

Category:映画・動画  Comment:0  Trackback:0  Top

天使と悪魔

2012.6.16 Sat 5:15

この前、この映画をウェブで英語で観ました...

あんまり理解できなかったのですが、詳しく日本語で解説してくれている記事を見つけ、読んでみると...

やはり、ハリウッド映画って、ここまで投資して、大物(トム・ハンクスとか)を使う映画になってくると、どんなにナイーブな題材を扱っていようと、というかナイーブな題材だからこそなのかもしれませんが、闇勢力がここぞとばかりにマインドコントロールといいますか、人々の価値観を洗脳する情報を植え付けるための道具に使うんだなと思いました。

どの部分かといいますと、よく、イルミナティーなどの闇勢力を表す数字として666が使われますが、666の正体と秘かに噂されているのが、カトリック教会のトップ、ローマ教皇と言われています。

しかし、この映画では、テーマの一部として、ローマ教皇の座を巡る様々な出来事の中で、その背後にある人々の心の中に棲む天使と悪魔に焦点を当てているというのが、表向きな解釈のようですが、ストーリーだけ見ていると、完全にイルミナティーとカトリック教会(ローマ教皇)は別物で敵同士で仲間ではないんだと知らないうちに自然に思い込まされています...ここがマインドコントロールだなと思うのです。

というか、最終的な狙いはそこだけなんじゃないのかとすら思えました。

内容を深く、複雑にして、表向きの解釈を読み取らせるように仕向けて、そこに気づかれないようにマインドコントロールを仕組む...

彼らがよく使う手法だと思います。

個人的に666=(イコール)ローマ教皇だとは思わないのですが、も含むといったところでしょうか。

こういう国の問題とかを扱っている題材になってくると私もさっぱりなので、もっと本読むなり、勉強する必要があるなといつも痛感させられます。



Category:映画・動画  Comment:0  Trackback:0  Top

Π(パイ)

2012.5.18 Fri 7:29

Π(パイ)...1998年にアメリカで製作されたカルト映画ですが、つい先日紹介され、観てみました。

10年以上も前の映画ですが、斬新な白黒映像で非常に興味深い内容でした。

主人公はマックス・コーエンという数学の天才なのですが、(ここからは下記のホームページの抜粋ですが、)ある日起こったコンピュータのトラブルをきっかけにある妄想に取り憑かれていきます。それは、

「1:数学は大自然の言語である」
「2:我々の周りの全ては数学によって置き換えられ、また理解することができる」
「3:ど んなシステムの数字もグラフにするとパターンが生じる」「すなわち:大自然のあらゆるところにパターンは存在する」...
http://homepage3.nifty.com/canard/cultmovie/cult9.htmlより

私は、数学は得意な方ではないですが、黒人のリズム感や歌い方に以前から大変興味があり、同じことを考えていました。
恐らく既にシステム化されていると思いますが、それぞれ黒人の方が違うダンス、ラップ、歌、打楽器やベースの演奏をしても、そのリズムの取り方、歌い方、フェイクなどの音程の根底には、共通したベース(基本)のリズムと音程のパターンがあると考えていて、それを数式化、グラフ化できたら、黒人風に歌ったり、ダンスすることや、黒人が作る、R&BやHIPHOPと同じグループが流れた作曲ができたり、(既に音楽界では存在していると思いますが)それを数式化したものを機械やプログラムに入力し、それに通せば、勝手に黒人風の曲調やリズムへ変換してくれるようなものができると思っていたので、私にとってとても印象に残る映画となりました。

また、以前、このブログで紹介した、THRIVEという映画にて、フリーエネルギーについて触れてありましたが、これも彼の妄想の一つである「大自然のあらゆるところにパターンは存在する」という宇宙版のパターンを応用してできあがったものではないのかと思いました。
http://urswave.blog1.mmm.me/mmmblog-entry-60.html

若い頃は、こんな難しい数式を勉強したって、将来何の役に立つの?ってか立たないでしょ。と思っていましたが、こんな映画を見ると、ハイレベルまでいったら、そんな難しい数式が役立つんだなと実感させられ、もう一回勉強してみようかなとすら思わされました。

興味のある方はこちらから英語版ですが観れますのでどうぞ↓
http://stagevu.com/video/vjagtbxqfnnr

    


Category:映画・動画  Comment:0  Trackback:0  Top

Calendar

2017.09.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

楽天市場

プロフィール

Author:bethaマスター
長い年月を経て培ってきた、ありえないくらいのスーパーネガティブ思考から抜け出すべく、自己啓発本に始まり、スピリチュアルブームに乗っかり、UFO、宇宙人関連にハマり、アセンション、フリーメイソン、闇勢力、イルミナティー関連に興味が移行して、現在に至ります。最終的には、悲観主義、嫉妬心、悪い意味でのエゴから解放されて、マスターのごとく、常に愛の選択ができる、みんながひとつであることを悟った人間になるのが目標です。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

ユーザータグ

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示

スピ情報ブログ&HP

Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

Copyright © 2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ- All Rights Reserved.

[PR]

 X 閉じる