2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ-

アセンション、NESARA、DNA活性化、5次元、高次元、次元上昇、プレアデス、スターシード、インディゴ、ツインレイ、パラレルワールド、イルミナティ、Vortex、波動、瞑想、浄化、断食、菜食

[PR 広告]

-.-.- - -:-


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。

Category:[PR 広告]  Top

アセンションと肉食について(再考)②

2013.11.27 Wed 8:44

アセンションと肉食について、書かれている面白い記事を集めてみました。




■ 肉食について 2013年10月09日 21時11分31秒 | ~5次元への旅~ (楽しいアセンション・次元上昇 ~5次元への旅~:gooブログ)



■ 次元上昇と菜食主義 2013年2月3日 (GFLサービ ス (たきさんのホームページ):ぷららブログ)



■ 次元上昇と菜食主義  補足 2013年02月05日 01時18分27秒 | ~5次元への旅~ (楽しいアセンション・次元上昇 ~5次元への旅~:gooブログ)



■ 必見!動物たちにも感情があり、みな平和を求めています。  2012年07月21日11:33 (日本や世界や宇宙の動向:livedoor Blog)



■ 御魂磨き=日本人は肉は食べるべきではない 2012年10月21日 14時23分09秒 | お勧めサイト (せつ子のつれづれ奮闘記:livedoor Blog)



■ 成長した「ブッダ少年」のメッセージ 2012-07-10 08:43 | Sagesse 叡智への道 (太陽の架け橋 Pont de Soleil:exiteブログ)



■ 成長した「ブッダ少年」のメッセージ、ブッダ少年、ヨグマタ、ババジ 2012年07月13日 11時45分21秒 | お勧めサイト (楽しいアセンション・次元上昇 ~5次元への旅~:gooブログ)



■ 霊的進化、アセンションと肉食について  テーマ:アセンション 2011年04月06日(水) 08時08分08秒 (アセンションの愛と光をめざして:Amebaブログ)



■ 肉に対しての執着 2007
0730 | 貴方が食べているのは肉ではなく、「動物の死体」です
 (
アセンションの、その先へ:忍者ブログ)




■ アセンションへ向けシュタイナー「肉食と菜食」について 2012年07月19日 03:25 | アセンションへ (あほうどりのひとりごと:Seesaa BLOG)




■ 肉食する愚者にアセンションは無い 2010/02/20 21:23 | アセンション (アセンション / ASCENSION:BIGLOBEウェブリブログ)




■ ◆食物に関して(肉食)◆ 2013-06-08 15:48 | 新しい未来に向け (遠い記憶・前世からの約束:exiteブログ)



■ 再び肉食を考える 2009.02/26 [Thu] | 幸せになる方法 (『清く正しく美しく』 for アセンション:FC2ブログ)



■ 肉食について 2009/12/15(火) 23:51:35 | 私について (2012年・アセンションプリーズ:FC2ブログ)



■ 脱肉食のススメ 2012/05/22(火) 21:36:55 | 私について (2012年・アセンションプリーズ:FC2ブログ)



■ 本来、人は肉食を慎むべし! 2010年3月27日 (土曜日) (霊人のひとり言:OCN Blogzineブログ人)




■ 肉食の弊害 2012年05月21日 | 食育革命と超人進化 (∀N☨I CHRIS☨ 完全FILE3【アセンションへの道】:Seesaa BLOG)




Category:アセンション  Comment:0  Trackback:0  Top

アセンションと肉食について(再考)①

2013.11.21 Thu 11:11

既に地球はアセンションしているようで、アセンション関連の記事を書かれているブロガーの方、ライトワーカーと言った方がいいのかな、かなり増えて来ていると思います。

最近、アセンション情報から遠ざかっていたので、このままではいかんなと思い、色々な方のアセンション関連のブログを読ませていただいて思ったのが、数年前とはずいぶん変ったなということ。

数年前までは、個人レベルでアセンションするためには、浄化のために断食したり、完全菜食(ビーガン)やベジタリアンになったり、瞑想したり、太陽凝視したり、タバコやお酒、コーヒー(カフェイン)、チョコレートや砂糖、乳製品などを絶ったり...色々修行っぽいことをしないと、個人レベルでのアセンションは難しかったと思われるのですが、最近はそんなことしなくてもアセンションできると説いている方をよく見かけます。

確かに、その方々も瞑想や断シャリ(無駄なものをどんどん捨てて行く)はされているようですが、一つとても気になることがあって、久々に記事を書くことにしました。

それは、『肉食をしててもアセンションできる』とおっしゃっていること。(『肉食をやめる必要はない』とおっしゃっていること。)

結論からいえば、おっしゃっていることは、完全には間違ってはいないと思います。

しかし、アセンションを題材にしている方が、肉食を推奨しているというか、肉食をやめれないご自分の自己防衛の言い訳みたいで、どうも腑に落ちません。

言いかえるなら、完全にアセンションしたら、『肉食を選択することはなくなるけど、肉を食べたとしてもさほど影響はない』ってことではと思うのです。

なぜなら、意識が完全に5次元以上にアセンションしている人は、肉食を自ら選ぶはずない、というか、自ら肉を食べるという選択肢がもうないというか、ありえないとでもいいましょうか。

もちろん、アセンションしている人でも、イヌイットなどが暮らすような肉を食べるしかない地域だったり、知り合いから食事に招待されて、その知り合いがその人が肉を食べないことを知らずに良かれと思って、おもてなしで肉料理を出された場合は、その人は、その死を無駄にしないためと、おもてなしの心に、ありがたく最大限の感謝を持っていただくことでしょう。

しかし、アセンションの意味を検索してもらったら分かると思いますが、完全にアセンションした人というのは、顔がある生き物や全ての生命に対して、友だちや家族同様に愛おしく感じてしまう(みんなが一つということを実感している)訳ですから、殺生がどうしてもできません。殺生をしてはいけないと思っているのではなく、どうしてもできないのです。
従って、自ら肉を買って食べたり、顔がある生き物の殺生を間接的に手伝うような選択も、もうどうしてもできません。
(植物も生き物ですが、それは、また次の記事で取り扱うこととします。)

例えば、アセンションした人にとって、動物(魚も含め)の肉を食べるという行為は、飢えて死にそうでもないのに、自分のペットの肉を出されて、「はいどうぞ。」と言われているのと同じように感じるのだと思います。だから、味とか栄養とかそんなの関係なく食べれない。

ここで、また一つ、アセンションって、何をアセンションと呼ぶかですが、既に地球がアセンションしたことにより、人々の意識レベルは格段に上がっていることは確かだと思います。

全ての人のハイヤーセルフは、大体5次元以上だと言われているので、ハイヤーセルフとコンタクトできれば、自分の意識は3次元でも5次元以上の叡智を得れたり、一瞬体験できるということは分かります。

しかし、ここで勘違いしがちなのが、ハイヤーセルフとコンタクトできるから、高次の存在とチャネリングできるから、というチャネリングできて、高次の叡智が得られたり、瞑想などで高次の体験を垣間見たりすることを、アセンションしたと勘違いしていることだと思うのです。

高次の存在とのチャネリングは、チャネリングの方法を学んだり、霊感が強くて、そういうメッセージを受け取れる体質だったりしたらできます。しかし、プレアデスからのスピリチュアルメッセージアセンションに向かって / Ascension アセンションした魂のワンダフルライフのブログ記事でも言われているとおり、霊感やチャネリング能力があるからといって、イコール魂レベルが高いというわけではありません。

だからといって、そのチャネリングのメッセージが間違っていると言っているわけでもありません。

魂レベルというか意識レベルは、まだ、肉食をやめれない高いとは言えないレベルにあったとしても、文才や霊感などがあり、人々に分かり易く、高次の叡智を伝えていける才能を持った人であれば、肉食をしていても、魂レベルに関係なく、メッセンジャーやライトワーカーとして選ばれ、高次の存在とチャネリングした内容を世に伝えていく使命にある人はたくさんいると思うからです。

しかし、そのチャネリングされる方のフィルターを通して、高次の叡智が伝えられるため、チャネリングされる方が、どうしても肉食がやめれないと思い込んでいる方などだと、『肉食しててもアセンションできる』などといったような、完全には間違ってはいないけれど、ちょっと歪んだ情報に置き換えられてしまうのだと思います。

もう一度言いたいのが、自分の潜在意識やハイヤーセルフではなく、今現在の自分の意識(ここでは顕在意識としましょう)も完全に5次元になれたら、アセンションしたと言えるのではないでしょうか。

でも、肉食を通常されてて、自分は既にアセンションしたとおっしゃってる方は、5次元以上のハイヤーセルフや高次の存在とコンタクトされていて、高次の叡智をメッセージとして受け取ったり、瞑想で高次元を一瞬体験されたことをアセンションしたと表現されているのだと思います。
肉食をふつうにされていたり、タバコを吸う習慣などされつつ、アセンションしたとおっしゃっている方は、その方のハイヤーセルフはアセンションしているかもしれませんが、ご自分の身体や顕在意識的には、まだ、3次元だと思います。
なぜなら、本当にアセンションしていたら、全ては一つということを実感しているので、自分の体を毒する(タバコを吸う)、他の生命を殺傷することに間接的でも加担する(肉を買って食べる)ことは、他の全ても毒しているのと同じ、自分の一部を殺しているのと同じと感じるわけです。なので、そういうことをしている人というのは、間違っているのではなく、単にまだ、身体や顕在意識的には3次元と言っているのです。
しかし、チャネリングの能力やそれを人々に伝える文才などが秀でておられたので、ライトワーカーとして使命を授かられているのでしょう。

色々言いましたが、決して、肉食や肉食をされている方のアセンション情報を否定しているわけではありません。
チャネリングされた内容をご自分のフィルターを通して、素直に伝えておられるだけだと思います。

次の記事で取り上げますが、肉食を必要とした時代が昔あったことも確かだと思います。

また、肉食に疑問を持たない人や、自分には必要だと思っている人は、まだ、肉食をやめる段階に意識レベルや魂レベルが来ていないだけです。

意識レベルや魂レベルが上がって行けば、自ずと肉食はできなくなる段階にくるはずだからです。

肉を食べるのに全く疑問を持たず、自分に肉食が必要だと思っているレベルに居る間は、無理矢理やめる必要もないと思います。

全てプロセスなので、肉食をしていることが悪いとは言えません。

でも、ここでは、アセンションと肉食について書いているので、完全にアセンションしている人は、肉食を自ら選ぶことはなくなると断言できると思います。

こういうことを書くと、マトリックスのザイオンの住人の中での抗争のように思われるかもしれませんが、そういうつもりはありません。

全てはプロセスなので、いい悪いもないことは分かっています。

ただ、アセンション(5次元以上に次元上昇)するということは、すべてが一つということを常に体感した状態に近づくことだと思います。

ということは、全ての生命に対して、一体感を抱くわけです。自分と他人や他の生命との見境がなくなるわけですから、自分を含め、タバコを吸うなど、自分や他の生命を毒したり、傷めつけたり、殺したりということが自ずとできなくなるということ。自分が他のモノを傷つけるという行為は、自分ならびに全てのモノを傷つけているということを実感・体感している、つまり、全ては一つであるということ、他の全てのモノは自分の一部であるということを実感しているということ。家族とか友だちとか関係なく、全ての人と生命に対して愛を感じずにはいられなくなるということ。

追記(11/26):もっと的確に全てが一つということ、全てが一つなので、他の生命を傷つけることができないということを説明してある記事がありましたので、紹介させていただきます。

「世にも奇妙なフツーの話」よりあなたは私、私はあなた・・by さくやさん


そしたら、肉食なんてできなーいって、自然となりますよね。

ということは、ハイヤーセルフもつきつめれば自分ですが、ハイヤーセルフではなく、今世の自分丸ごと顕在意識も含めアセンションしている人というのは、肉食は自ら決して選択しないと断言できると思います。

肉食を自ら選択することが自ずとなくなるということが、自分が完全にアセンションした目安の一つになると思います。

次回は、アセンションと肉食について、色々面白い記事がありましたので、紹介したいと思います。

Category:アセンション  Comment:0  Trackback:0  Top

超3次元な感覚

2013.5.30 Thu 12:8

最近、車で道を走っている時や散歩している時、どっかの巨大な舞台セットの中を移動しているような気分になります。

作られた世界の中に閉じ込められて生活しているような感覚です。

空も空気圧や風や湿度などを計算しつくして、人工的に作られた作りものの空の様に感じますし、

とにかく、3次元という創りものの世界の中でうろうろしているような感覚になります。

完全にジムキャリーの映画「トゥルーマン・ショー」の感覚です。

歩いている人々やすれ違う車などは舞台セットとエキストラの人々というよりかは、

自分が創り出した幻覚のように感じます。

夢か現実か区別のつかないすれすれの夢を見ているような感じです。

なぜなら、自分が考えている思考や感情に合わせて、見ている世界がなんとなく変化するからです。

ふと自分の中に疑問が湧くと、答えをYES、NOで教えるかのように、(ハイヤーセルフさんですかね...?)

すれ違う車のナンバーや建物の住所、時刻などに222など、ぞろ目が含まれていたり、

彼は浮気してるんじゃないかとまたまた至らぬことが頭をかすめた瞬間に、

そのような内容の映画の看板が目に飛び込んで来たり、

浮気を内容とした曲がラジオから流れてきたり、

自分の中身が自分の外の世界に総合的に再現されているとよく感じることがあるからです。

ときどき、周りの見るものに合わせて自分の思考が変わっているのか、

自分の思考が周りの見るものを引き寄せているのか、分からなくなります。

どちらの場合もあるのでしょうが、シンクロも含めて、この世の中、

一人ひとりが主役でそれぞれのシナリオを演じていると考えると、

本当のところは全て超リアルな幻想の世界なわけで、自分の思考や感情の選択によって

常に見ている世界(場面や状況)が変化するパラレルワールドにいるということを

なんとなく実感しています。(バシャールは読んだことはありませんが、

バシャールとチャネリングする人がYouTubeで確かそのようなことを言っていた覚えがあります。)

でも、恋愛とか実生活になると、やはり思考や感情の選択というのは、

私にとってまだまだ難しく、さまざまな起こりうる可能性を常に考えてしまい、

それを確かめるための行動してしまいます。

で、おそらく引き寄せなくてもよい出来事もわざわざ引き寄せてしまっているのだろうなと

反省するのですが、元々の自分の性質が邪魔をし、なかなか脱出できないでいます。

恋愛や人間関係、実生活の特に不安や心配、怒りといった感情に襲われるとき、

自分は3次元というパラレルワールドに生きていて、自分の思考と感情によって

物事を創りだしたり、引き寄せたりしているということを未だに忘れがちになるので、

気を付けたいものです。

しかし、自分の大まかな人生のシナリオがあるならば、キリストの最後の誘惑にもあったように、

自分の魂の成長にとって最高のシナリオ(十字架にかけられる)とサブシナリオ

(マグダラのマリアとの間にたくさんの子をもうける)があったりすると考えると、

またどっちを選択すべきか迷っちゃうんですよね。

大抵、人間の三大欲求を無視したシナリオの方が、

魂の成長にとってはいいと心のどこかで分かっている自分がいながら、

自分の欲を満たすの方の選択をまだまだしてしまう自分がいます。

人によって、自分の選択に大きな影響を与えてくることは異なると思いますが、

私の場合は恋愛ですね。ほんと、自分でもいやになります。

早く、何事にも左右されず、常に愛の選択ができるようになりたいです。

Category:アセンション  Comment:0  Trackback:0  Top

Calendar

2017.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

楽天市場

プロフィール

Author:bethaマスター
長い年月を経て培ってきた、ありえないくらいのスーパーネガティブ思考から抜け出すべく、自己啓発本に始まり、スピリチュアルブームに乗っかり、UFO、宇宙人関連にハマり、アセンション、フリーメイソン、闇勢力、イルミナティー関連に興味が移行して、現在に至ります。最終的には、悲観主義、嫉妬心、悪い意味でのエゴから解放されて、マスターのごとく、常に愛の選択ができる、みんながひとつであることを悟った人間になるのが目標です。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

ユーザータグ

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示

スピ情報ブログ&HP

Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

Copyright © 2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ- All Rights Reserved.

[PR]

 X 閉じる