2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ-

アセンション、NESARA、DNA活性化、5次元、高次元、次元上昇、プレアデス、スターシード、インディゴ、ツインレイ、パラレルワールド、イルミナティ、Vortex、波動、瞑想、浄化、断食、菜食

超3次元な感覚

2013.5.30 Thu 12:8

最近、車で道を走っている時や散歩している時、どっかの巨大な舞台セットの中を移動しているような気分になります。

作られた世界の中に閉じ込められて生活しているような感覚です。

空も空気圧や風や湿度などを計算しつくして、人工的に作られた作りものの空の様に感じますし、

とにかく、3次元という創りものの世界の中でうろうろしているような感覚になります。

完全にジムキャリーの映画「トゥルーマン・ショー」の感覚です。

歩いている人々やすれ違う車などは舞台セットとエキストラの人々というよりかは、

自分が創り出した幻覚のように感じます。

夢か現実か区別のつかないすれすれの夢を見ているような感じです。

なぜなら、自分が考えている思考や感情に合わせて、見ている世界がなんとなく変化するからです。

ふと自分の中に疑問が湧くと、答えをYES、NOで教えるかのように、(ハイヤーセルフさんですかね...?)

すれ違う車のナンバーや建物の住所、時刻などに222など、ぞろ目が含まれていたり、

彼は浮気してるんじゃないかとまたまた至らぬことが頭をかすめた瞬間に、

そのような内容の映画の看板が目に飛び込んで来たり、

浮気を内容とした曲がラジオから流れてきたり、

自分の中身が自分の外の世界に総合的に再現されているとよく感じることがあるからです。

ときどき、周りの見るものに合わせて自分の思考が変わっているのか、

自分の思考が周りの見るものを引き寄せているのか、分からなくなります。

どちらの場合もあるのでしょうが、シンクロも含めて、この世の中、

一人ひとりが主役でそれぞれのシナリオを演じていると考えると、

本当のところは全て超リアルな幻想の世界なわけで、自分の思考や感情の選択によって

常に見ている世界(場面や状況)が変化するパラレルワールドにいるということを

なんとなく実感しています。(バシャールは読んだことはありませんが、

バシャールとチャネリングする人がYouTubeで確かそのようなことを言っていた覚えがあります。)

でも、恋愛とか実生活になると、やはり思考や感情の選択というのは、

私にとってまだまだ難しく、さまざまな起こりうる可能性を常に考えてしまい、

それを確かめるための行動してしまいます。

で、おそらく引き寄せなくてもよい出来事もわざわざ引き寄せてしまっているのだろうなと

反省するのですが、元々の自分の性質が邪魔をし、なかなか脱出できないでいます。

恋愛や人間関係、実生活の特に不安や心配、怒りといった感情に襲われるとき、

自分は3次元というパラレルワールドに生きていて、自分の思考と感情によって

物事を創りだしたり、引き寄せたりしているということを未だに忘れがちになるので、

気を付けたいものです。

しかし、自分の大まかな人生のシナリオがあるならば、キリストの最後の誘惑にもあったように、

自分の魂の成長にとって最高のシナリオ(十字架にかけられる)とサブシナリオ

(マグダラのマリアとの間にたくさんの子をもうける)があったりすると考えると、

またどっちを選択すべきか迷っちゃうんですよね。

大抵、人間の三大欲求を無視したシナリオの方が、

魂の成長にとってはいいと心のどこかで分かっている自分がいながら、

自分の欲を満たすの方の選択をまだまだしてしまう自分がいます。

人によって、自分の選択に大きな影響を与えてくることは異なると思いますが、

私の場合は恋愛ですね。ほんと、自分でもいやになります。

早く、何事にも左右されず、常に愛の選択ができるようになりたいです。

Category:アセンション  Comment:0  Trackback:0  Top

何も批判するものはない

2013.5.29 Wed 7:0

最近とても思うことがあります。

自分と性質が全く異なる人々との出会いです。

とても仲は良くなれます。でも、出来事に対する反応が全く違う人々です。

出来事に対する捉えかたが全く異なる。そういう風に受け取るんだという、自分の中で新しい発見です。

これは、お国柄が違うからとかではありません。おそらくカバラ占いの誕生数に起因するものだと思います。

私は今まで誕生数が2の人と出会ったことがありませんでした。

で、ここ2年で関わった人が2の人ばかりなのです...

女性2人(うち一人は誕生数11ですが、2がベースにあります。)一人は男性(今の彼氏)です。

当たっているなぁ~と思うのは、誕生数が2の人は本当にモテます。

みなさんとても美人で華やか、男性はハンサムで母性本能をくすぐるような感じですね。

また、恋愛に対する態度が本当に似ている ...

みなさん社交的なのですが、とてもナイーブで傷つきやすい易いので、

まず、相手に本気でゾッコンになることは、ほぼあり得ません。(表面上はっぽいこともありますが)

常に相手の好き度が上回るように距離感と心の壁を保ちます。

で、相手がゾッコンになるように自然に持っていき、電話などを無視したり、

とにかく何かしら秘密を作って、自分をあからさまには決してしません。

相手はドツボにハマるのです。しかも、相手の性質はみんな似ていて、

一筋になる性質をもった異性ですね。ここもまた不思議です。


私の誕生数は22なのですが、ベースは4です。

偶数は偶数なのですが、本当にビックリするほど違いますね。

4は誠実というか、真面目、正義感が強く、不正が許せないタイプですかね。

2は不誠実というか、悪気は全くないのですが、嘘などそういった行為に対して、

罪悪感がないというか、自分が傷つかないために自然とやってしまうという感じでしょうか。

でも、みんなピュアで愛情も沢山持っています。俗に言う「天然」と呼ばれる感じです。

でも、みなさん頭の回転は抜群に早く、要領がとてもいいです。

これは、2が悪いとか、批判している訳では決してないですよ。

性質の話なので、今回の人生は、その性質が必要でをそれ選んで生まれてきたというだけだと私の中では捉えています。


私の今の親友は、誕生数11と2の女性です。

女性の場合、モテますので、まず、自分から行くこともありませんし、

来たら来たで、案外あっさりデートや食事をOKしますが、

相手が相当しつこくアタックして来ない限り、その関係が続くことはありません。

来なくなったら、その関係は終わります。

自分がちょっと好きになりかけていても、未練がましく自分から連絡することはありません。

それが男性の場合は、最初手に入れるまで(デートにこぎつけるまで)は、

結構情熱的にアプローチしてきますが、(もちろん恋には落ちていません。

まるで恋に落ちているように振舞いますが...)

相手がハマり始めたら、電話を無視したり、嘘をついて秘密をつくったりして、

どんどん相手がハマるように持って行きます。わざとではなく自然にやっています。


で、相手がつめよると、もっと逃げますし、そこで、相手がいなくなると、

自分は恋に落ちていないので、ちょっと落ちかけていても、

相手はいってしまったと、これ以上自分が傷つかずに済むよう、

必要以上に追いかけることはありません。

もちろん若い時には、初恋などのときは、追いかけたりもしますが、

傷つきやすいのでその時の痛手をもう二度と味わいたくないと思うらしく、

いい大人になってくると、恋に落ちにくく、(熱しにくく)、あきらめやすくなるようです。

でも、2の皆さんはロマンチックで常に刺激を求めているようにも感じます。

でも、それは、自分は恋に落ちてない状態で、自分に好意のある相手と

ロマンチックなデートなどを楽しみたい、また相手に興味ある無しに関わらず、

たくさんの異性からモテることがモチベーションのひとつになっているようにも見えます。

誕生数が22や4の人は、どちらかというと、興味のない異性から言い寄られても、

全く嬉しくないし、うざく感じるだけで、自分が好きになった相手に振り向いてもらいたいと

頑張って尽くすタイプなのではないでしょうか。

ほんと、人の性質って面白いですね。

今回の人生で、愛することを思い出す(あまり、学ぶという言葉を使いたくないので)のか、

それとも、愛されることを思い出すのか、どちらも自分が愛だということを思い出すプロセスで

必要なことだと思うので、どちらが今回の人生設計で自分に必要かで

自分の性質を選んできているように思います。

私の個人的な意見ですが、やはり愛する方(ひたすら愛を与える、たとえ相手が

返してくれなくても)の方が、人生的には辛い気もしますが、

今回そんだけ魂レベルをアップさせるために自分が上で用意してきた人生の試練(シナリオ)だと

思えば、頑張れる気がします。

特に女性は、自分がルックス的に魅力があまりないとコンプレックスに思って、

恋愛も上手くいかない方が沢山いらっしゃるかと思います。

私もその一人ですが、例えば、今回の人生でルックスが抜群に良くて、

美人でグラマラスに生まれてきた人というのは、今回の人生のシナリオで

人から愛されることを学ぶことや子どもを生むことも目的の一つに入ってる可能性が大だと思います。

じゃなければ、わざわざ、そういった一般的に魅力的なルックスを持って生まれてくる必要がないからです。

また、一般的に魅力的といわれるルックスを持って生まれてこなかった場合、

私も含め、そういう場合は、今回の人生でそれは必要なかったということなので、

もっと他の目的があるんじゃなかろうかと思います。

また、そういったルックスを持ってない人は、そういったルックスが本当にほしいと思うか、

自分自身によーく問い詰めた場合、もう必要ないと思っているのではないでしょうか。

私もそりゃあ、そういった魅力的なルックスになれたらいいなとも思いますが、

そこまで固執するかと言われれば、もう別に必要ない(興味ない)とも思えてくるので、

そういう人は、自分の好きなこと、探求したいことに没頭することが

今回の人生の本当の目的を思い出しやすくなり、魂の成長につながるのではと感じています。

今私たちが生きている、この3D+4Dの世界で評価されることや一般的な価値観、

羨ましがられるようなことは、5次元以上の世界では、どうでもいいことがほとんどだと感じています。

頭の良さやルックスにしても5次元以上の世界からしたら、3次元でのルックスを体現しようと思えば、

波動を低くして、自由自在に好きな3次元の身体の形で出現できるでしょうし、

3次元で知られているようなことは、元々魂は知っているので、みんな知っているでしょうし、

と考えれば、本当にどうでもいいこと(魂にとっては)と思います。

そういう風に物事を捉えると、この世の中に批判するもの(人も含めて)何もないことに気づきます。

でも、批判ではなく、自分の価値観は、選択をしていく上で大事にしなければならないなと同時に思います。

批判するものがなくなったとき、自分の心も怒りやストレスなどから大分自由になれるのではないでしょうか。





Category:愛・人生・悩み・運命と宿命  Comment:0  Trackback:0  Top

Calendar

2013.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

楽天市場

プロフィール

Author:bethaマスター
長い年月を経て培ってきた、ありえないくらいのスーパーネガティブ思考から抜け出すべく、自己啓発本に始まり、スピリチュアルブームに乗っかり、UFO、宇宙人関連にハマり、アセンション、フリーメイソン、闇勢力、イルミナティー関連に興味が移行して、現在に至ります。最終的には、悲観主義、嫉妬心、悪い意味でのエゴから解放されて、マスターのごとく、常に愛の選択ができる、みんながひとつであることを悟った人間になるのが目標です。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

ユーザータグ

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示

スピ情報ブログ&HP

Powered By mmm.Me

Powered By mmm.Me

Copyright © 2012年からどう生きるか-魂レベルをアップするぞ- All Rights Reserved.

[PR]

 X 閉じる